シワが作られやすい

肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっていると聞いたことはおありでしょうか。

肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は簡単に自己チェックできますので、確認してみましょう。

肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。

どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますと皮膚に厚みがないと、単純に場所がありませんから、水分を含んでおくことができません。

すぐに乾燥し、肌のハリが失われ、結果シワが目立つことになります。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。

肌にシワができるのには原因があります。

何かというと、乾燥の影響が大きいようです。

屋内でエアコンの風にさらされたり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は特に要注意です。

肌の乾燥を防ぐための具体的な方法としては、ひんぱんに保湿をすることが大切です。

そのためにスプレータイプの化粧水を持ち歩くのは便利です。

どこでもひと吹きするだけでいい手軽さがあります。

また、激しい運動の後などは、大量の汗をかいていますから、すぐに保湿が必要となります。

乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。

乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める重要な栄養素です。

さらに、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩め、角質層がはがれるようにする大事な作用があります。

こうした栄養素の働きはお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミやくすみ対策のために、食べたいものの一つです。

できてしまった顔のしわは仕方がない、と諦めてしまう人は多いようですが、しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼りつけて気になるしわを取るしわ取りテープは、テレビでコスメやその関連に詳しいという芸能人により紹介されており、その人自身も愛用しているということした。

顏のしわを伸ばしてテープを貼り付け、しわの矯正をするという趣旨の商品のようで、貼っている時は顔が引き締まってる感覚がなかなか良く感じるようなのですが、長い時間使用すると、肌の負担も結構大きいらしく、赤くなったり、かゆみが出たりすることもあるでしょう。

しわ取りテープを使ってみたら次々トラブルに見舞われた!なんてことにならないために、使い方には注意が必要です。

気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見てかなりビックリしました。

目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを思い知らされた気がしたのです。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どれ程疲れていようが、家に帰ったら今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を大事にしよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

お肌の調子は、肝臓と密接な関係があります。

肝臓は休むことなく、食事や呼吸によって体内でできた物質を代謝・分解することにより解毒する働きをしています。

有害な物質を解毒しきれないと、老廃物や有害物質は血液を通して体内を巡ります。

お肌を流れる血液も汚れて、お肌の調子も悪くなります。

肝臓に負担をかけないようにしていくことが、お肌の健康美を高めるために欠かせない要素です。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それなのに、ついつい力いっぱいメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。

クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化させるようなイメージで、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大事です。

兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、それが理想です。

けれども、現実には、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。

美肌にいい成分として注目されているのが、「ポリフェノール」でしょう。

なんといっても、その最大の武器は「抗酸化作用」なのです。

活性酸素による害から守ってくれて、紫外線トラブルを予防したり、悩んでいたシミにも目立たなくしてくれます。

いいこと尽くしの抜群の美肌成分「ポリフェノール」ですが、残念ながら、体に蓄積されにくいために効果は3時間から4時間しかないのです。

ですから、アヤナスBBクリームとともに美肌のためにいいタイミングで摂取するのがオススメです。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク