心の中で鳴り響いています

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。

乾燥は軽く考えてはいけません。

この危険な時期、大事なスキンケアは相当念入りにすることにしていますが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルも使うようになり、大変気に入っています。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。

緑茶は、お茶の中でもトップクラスのカテキンを多く含んでいます。

カテキンによって、ビタミンCの減少が抑えられビタミンCの作用をいっそう高める働きをしています。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCを欠かさず摂りたいので、緑茶でカテキンとビタミンCを一緒に体内にとりこんでいけば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを防ぐことができます。

肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

例として挙げるなら、最近、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑になり、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが今や周知の事実です。

他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるという特徴があります。

お肌のくすみを引き起こす要因として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。

お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうと化粧や、その他のケアが完璧でもお肌が黄ぐすみを起こすことがあります。

コラーゲンの働きが、過剰な糖と結合することで弱くなっている疑いがあります。

コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンの糖化と呼んでいます。

全身の老化が進行しないよう、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけてください。

美白やシミ対策をうたった化粧品はたくさんあります。

シミがある方の場合、まず、自分のシミは何が原因なのかしっかり調べてください。

自分のシミに対応した化粧品でないと、却ってお肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

医師の診療を受け、薬やレーザーによる治療も考えられますが、日々の生活習慣を振り返ってみることがシミのない白い肌への最初の一歩だと言えるのではないでしょうか。

石鹸や洗顔フォームに重曹を加えて顔を洗うと、肌の汚れがきれいになり、シミが気にならなくなったとインターネットで話題になっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかもしれません。

重曹は精製の程度によって、掃除とか洗濯用、食用、薬品用などがあるのです。

洗顔に使用する場合、食品用でも粒子は荒いですから、力を入れて洗わないよう気を付けてください。

洗顔後は化粧水などでお肌をお手入れして、しっかりとお肌を潤いで満たすようにします。

困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけで見た目を老けさせてしまいます。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、肌の細胞の内で作り出されたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

ターンオーバーの促進で少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、市販のピーリング剤によってお肌の古い角質を取り除くと、よりその効果が現れやすくなります。

でも、ピーリングで角質を落としすぎるとお肌の負担となってしまう危険性もあります。

お肌にはその人の年齢がよく出ていると思っています。

シミやシワが静かに降り積もって年齢を語ります。

特にわかりやすいところは目の下でシワも多くなるし、大きなクマも出ますので、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。

そして肌のつややかさや張りが加齢と共になくなると、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

顏の部分だけみてみますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といったところでしょうか。

肌にできたシミでお悩みの女性もたくさんいらっしゃる事でしょう。

シミ改善に効果的な食べ物として、挙げられるのが、はちみつなのです。

はちみつの含む成分によりシミの元になっている色素を目立たなくなる働きがあるため、お肌に沈着した色素、言い換えると、シミ、そばかすなどを目立たないようにする効き目があります。

シミにお悩みの方はぜひハチミツを試してみたらいかがでしょうか。

一時は大ブームとなったガングロですが、再度、ブームが起こりそうな気配です。

一つの形として落ち着き始めたとも言えますが、心配なのはお肌のシミです。

大丈夫という人もいるかもしれませんが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、シミがガングロではなかった人よりも多く目につきやすくなると言えるでしょう。

そのため、ホワイピュアとキミエホワイトなどでしっかりとスキンケアを心がける必要があります。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク